FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    遊戯王小説更新!

    ふぃ~、久しぶりに遊戯王小説更新ですよ
    今回はちょっと長めで3400字くらいですね
    ごめんね、ちょっと長くて
    ここまで来ると少し話の調整が難しいから極端に短くなったり長くなったりしちゃうね
    ふぅ、でも、やっとここまで来ましたよ!
    やっと最終敵の地に到着!
    でもね、本当はこの話の前にあと十数話ブッ込みたかった話があるんだよね・・・
    今までの回想話じゃなくて、全く新しい地での話ね
    ヴァナヘイム編ももうちょっと長くするつもりだったんだよ
    いきなり王のいる場所にいたけど、本当は王の場所まで行くために色んな人と出会って・・・
    っていうあらすじだったんだけど、ちょっとばっさり行きました
    後はアースガルズ着いた時も今までの登場人物オールスターで出す!って感じにしたかったけど
    あんまりにも話ばっさり行っちゃったからさ、どばっと出せるほどのキャラがいなかったんだよね
    1人死んじゃってるし
    だから着いた時は1人で良いかという結果に

    さてと、次回からはデュエル回になるかも?
    ちょっと普通のお話が入ってからデュエルに入ると思います。
    ふっふっふ、誰のデュエルからかはお楽しみ
    っていうか、普通にわかりやすいかも( 一一)

    最後に遊戯王小説のお勧め回を紹介!
    遊戯王小説第47話
    遊戯王小説第49話
    この2つですね
    って言っても47話は48話と2話構成なので、実質3話ですね
    他にもお勧め話はあるんですが、まだ一回も読んだことないよ!って方にはこの2つがお勧め
    って言っても自分の感覚だからあんまり期待しないでね
    遊戯王小説第60話
    一応これ↑もお勧めだけど、敵回なので悪役好きな人はこれで

    ってなわけで更新終わり~
    スポンサーサイト

    遊戯王小説第66話「終焉の地アースガルズ」

    「よし、これで修業も終わりだな。ふ~、疲れた疲れた。」

    「いや、まだ実感が無いんだがこんなんで大丈夫か?」

    「だいじょぶだいじょぶ。俺が保障するよ。」

    俺は危機察知能力を鍛えるために修行をしていた。
    一体何をやってたかって?
    そりゃもう色んな事をしたさ。
    危機察知能力を早めに察知するようにと言われて大きめの大理石を投げられたり、瞬間的に危機察知をするためにいつ殴るか殴らないかを察知するという名目でかなり殴られたり・・・。
    とにかく今考えるだけでもおぞましいことを色々やらされた。
    それが実際に効果として現れたのかどうかは自分ではあまり実感としてわかない。
    だけどこいつがそう言うんだから間違いはないんだろう。

    「そうそう、カケルにある事を言うのを忘れてたよ。」

    そう言った銀髪の青年は俺の耳元にごしょごしょっと言葉をつぶやいた。

    「そうか・・・。分かったよ。」

    俺は少しはにかみながら青年を見る。

    「それじゃーな、カケル。」

    「ああ、ありがとな。また、今度はデュエルで。」

    「おう!世界を救ってくれよ!」

    俺の意識はあの時と同じように薄らいできた。
    俺は、クヴァシルにアースガルズに行く覚悟があるか?っと聞かれた時に俺の行く道はこれしかないと言ってしまったことを思い出していた。
    あれは覚悟がなく、自暴自棄になって言ってしまった言葉だな。
    それをあいつと話していてなんとなく気付いた。
    俺は正直アースガルズに行くのが怖い。
    クヴァシルの話でそれがようやく実感できたのだ。
    でも、俺は今まで俺にやさしくしてくれた人たちが好きだ。
    だからその人たちの幸せを奪うやつは絶対許せない。
    だから・・・だから俺は戦う!
    俺の進む道は無限にある。
    でも、その中の1つを俺は自ら望んで進むんだ。
    俺は自分の信じる道を進むんだ。
    覚悟?そんなもん、ここまで来たらあるに決まってるんだよ!

    ***************************

    ・・・・・・ここは・・・・
    そうか、元の場所に戻ってきたのか。
    すべすべとした大理石の感触とまぶしさを感じた俺はそう思った。

    「お、やっとカケルも戻ってきたか。ほらっ。」

    先に目が覚めたであろうライードが手を差し伸べる。
    仰向けに寝転がっていた俺は差し伸べられた手を掴み、一気に起き上った。

    「・・・・っと、俺が最後だったのか。」

    ぼやけた視界ながらもターニャも起きているのが確認できた。

    「さてと、各々色んな体験をしたと思うが改めて問う。アースガルズに行く覚悟はあるのか?」

    ヴァナヘイムの王は俺たちに再び質問をしてきた。

    「俺は・・・今のところ覚悟が何だとかは分からない。でも、アースガルズに行けばそれが見つかるかもしれない。だから俺はアースガルズに行って悪い奴の計画を壊そうと思ってる。」

    ライードが目の前の神に向かって威勢よく言った。

    「私は、私の大切な人を傷つけたあいつらが許せない。だから、アースガルズに行ってぶっ潰してやるの。覚悟なんてここにいる時点で出来てるのよ!」

    ターニャも依然とは違い、誇らしげに答えた。
    そう・・・俺だって・・・・

    「最後のお前は行く覚悟はあるのか?」

    「当り前だ。俺は俺の信じる道を進む。それがどんなに緩やかな道だろうと、どんなに険しい道だろうと関係無い。覚悟なんてとっくに出来てるさ。」

    「ふっ、皆顔つきが変わったな。よし、アースガルズに連れて行ってやろう。」

    ヴァナヘイムの王は巨大な右手をふっと仰いだ。
    すると光の球が俺達3人を包み込み空間がぐにゃりと曲がった。
    ヴァナヘイムの王がアースガルズへの扉を開けられるということはやはり・・・
    色んな思いを抱きながら俺達は念願の地アースガルズに降り立った。

    アースガルズ・・・・どんな場所かと思っていたら何ら変わらない普通の世界だ。
    緑が生い茂り、石造りの建物が幾つか並んでいる。
    ただ、少し変わっていることが1つあった。
    何かと騒がしい。
    俺達は今ここに来たばかりだというのに妙に騒がしい。

    「カケルさん、ライードさんもお久しぶりです。」

    懐かしい声がするなっと思い、振り返ってみると・・・・

    「リーヴ!?お前何でここに・・・」

    「はい、伝言役としてここに配置されました。なるべく面識のある人がいいって。」

    「いや、じゃなくて何でアースガルズに・・・」

    「あ、そっちの方でしたか。実は2ヶ月くらい前にヴァナヘイムの王から召集を受けまして、ここに呼ばれたんですよ。」

    「2ヶ月ってことは・・・いや、計算が合わないだろ。お前と会ったのは確か1週間くらい前で・・・。」

    「何言ってるんですか。あれから3ヶ月も経ってるじゃないですか。」

    「そ、そんなに経ったか?」

    「そうですよ。って、こんなところで長話している暇はありませんでした。さっそく僕の伝言係の役目を果たします。今、アースガルズのやつらとの交戦中で戦況はこちらの圧倒的不利です。一番やっかいなのがアースガルズの大将イザベルとガルムです。こちらの兵士200人がこいつらにやられました。なので、この中のお二人にはその大将を討ち取ってもらいたいんです。その分他の方に兵を配置できます。それが出来ればこちらの戦況も良くなるのですが・・・。」

    「よし、その大将とやらは俺とターニャが行けばいいな。カケルは大本を叩くんだろ?」

    「分かりました。では、ターニャさんとライードさんは大将の元へ。位置はこちらで把握しています。それで、敵の大本、ロキなんですが・・・。」

    「どうしたんだ?」

    「今のところ全く位置が把握できてません。一体どこにいるやら・・・。」

    「それなら大丈夫だ。こっちの嫌な感じのする方向へ行けばいいんだろ?」

    俺は嫌な感じのする一点を指差した。

    「えっ・・・そんなのが分かるんですか?」

    「あ、あぁ、何となくな。ちょっと説明が面倒だが、まぁ、分かるんだ。」

    「分かりました。では、カケルさんにはその嫌な感じのする方向へ行ってもらいます。では、移動手段はあまり目立たないようにこれを使ってください。」

    リーヴが後ろの一点を指差した。
    その方向を見ると浮遊している物体が3つ。

    「あれは確か・・・アースガルズのやつらが移動手段に使っているやつじゃ・・・。」

    「はい、そうなんですよ。実はアースガルズの中にも内通者がいまして・・・。その人達にも協力してもらってるんです。びっくりしましたよ。カケルさんにここの情報をデータとして渡した人がまさ内通者だったなんて。」

    「俺にデータを・・・ってことはスレイか!?」

    「はい、アースガルズの少将スレイさんです。スレイさんはこの地で一小隊を作ってまして、その小隊の方々にもずいぶんお世話になりました。スレイさんは残念なことになってしまいましたが・・・・だけど、小隊の人は言ってました。スレイ少将はロキの陰謀によって殺されたと。だからカケルさんが気に病むことはないと。もしもその事で落ち込んでいたら、世界を救ってから落ち込め、少将の今までの苦労を無駄にするな!!と。」

    「あぁ、分かった。俺は今やるべき事をやればいいんだな。」

    俺は複雑な気持ちを押し殺して浮遊物体に乗り込んだ。
    そうか、スレイが・・・・

    「あ、カケルさん。動かし方は・・・。」

    「何とかなりそうだ。嫌な感じのするボタンを押さなければ大丈夫なんだろ?」

    俺はそう言って浮遊物体のパネルの左側にある赤いボタンを押した。
    すると俺は一気に宙に浮きあがった。
    っとと、これはバランスを取らないとすぐ落ちてしまうな。

    「それじゃ。俺は行ってくる。ライードとターニャも気をつけろよ。」

    「おぉ、カケルも気をつけろよ。」

    「あんたに心配されなくてもこっちはこっちでやるわよ。」

    「で、では、ターニャさんとライードさんはこの装置の動かし方をレクチャーします。それと、敵の位置はこの携帯型地図に乗ってます。この青く光っているのが今現在の位置で赤く光ってるのが敵の大将の位置です。それから・・・」

    リーヴの説明が続く中、俺は嫌な感じのする方向へ一目散に進み始めた。
    待ってろよ・・・・世界をお前の好きにはさせない。

    <<65話へ   67話へ>>

    バカテス9巻読んだよ~

    はい、バカテス9巻読みました!
    ネタばれはあれなので、ネタばれしない程度に話していきますよ

    今回は試召戦争がメインの話でしたね
    で、意味深な新キャラに最後の方で語られたFクラスの行動
    後は最後の瑞希の言葉も今後の展開に色々関係してくるっぽいですね
    うーん、着実に最終回へ向かっているという感じでしょうか

    で、次は短編集らしいので9.5巻になるかもですね
    確かどこかで見たような気がするけど、バカテスは出すのは10巻までだっけ?
    え?ってことは次の本編で終わりじゃん・・・・
    って思ったけど、もしかしたら勘違いかもしれないのでそこはご勘弁を
    まぁ、今のペースだと10巻以上行くと思うんだけどね

    ってなわけで記事更新終わり!

    カードファイト!!ヴァンガード第4話「猛攻!ツインドライブ」

    いや~、オラクルシンクタンクは強いね
    なんかそんなのを感じた今日この頃
    だってさ、グレード0でブロックできないってやつが出たり
    デッキ確認するやつが出たりだからさ
    漫画でもデッキ確認してたから、やっぱりオラクルシンクタンクはデッキ確認デッキだね
    で、やっぱりツインドライブは強いっと
    あ、そうそう、ソウルの意味も分かりましたね
    ソウルはヴァンガードの下にあるのをソウルって言うみたいですね

    さてと、今日見た限りではオラクルシンクタンクやばくない?
    いや、かなり強いと思うんだよ
    だって、バトルシスターしょこらだっけ?
    あれの能力でバトル終了できるわけでしょ?
    ってことは、相手のヴァンガードの攻撃でも怖くないじゃん
    いやいやいや、デッキ確認もできるし、バトル終了もできるし、ブロックできないし・・・
    なんか強力なクランだと思うのは自分だけ?
    ただ単に今紹介されてるカードが弱いだけなのかな?
    うーん、アマテラスCEOも次のパックに収録されるし、次パックでオラクルシンクタンクデッキ作ろうかな・・・

    さて、来週はカムイ登場回ですね
    カッコイイユニットもいたし、なんかクラゲみたいな気持ち悪いやつもいたし
    どんなクランなのかな?
    とにかく、来週見てのお楽しみってとこかな
    てなわけで感想記事終わり~

    うー、そろそろ場所が・・・

    えー、何をうだうだ言ってるかって言うと
    そろそろ場所がね・・・
    いやさ、自分コミックスとか結構持っててさ
    最近はラノベも買ってるから置く場所がね・・・
    多分200冊は越えてると思う
    ドラゴンボールでしょ(赤くてちょっと話がいっぱい入ってるバージョンのやつね)、シャーマンキングでしょ、遊戯王でしょ、ガッシュでしょ、ハンターハンターでしょ、エアギアでしょ、カペタでしょ、天上天下でしょ、エヴァでしょ、焼き立てジャパンでしょ、探偵学園Qでしょ・・・・・
    っと、色々上げてたらきりないや
    まぁ、途中まで買って途中で買うのやめたのあるけどね(ジャンプ系はジャンプ買ってからコミックスは買わなくなりました。ドラゴンボールは人造人間編から最終巻までですね。他は全巻買ってると言うね( 一一))
    さて、それに加えて最近はラノベも増えてきたから・・・
    バカテス、ハルヒ、デュラララ、俺妹・・・
    あ、そういやデュラララ途中まで買って忘れてたやその後
    確か主人公っぽいやつ・・・(名前忘れたけど)がブルーなんちゃらを裏で動かしてた少年みたいのに取り込まれようとしてるところで終わったんだっけ
    おっと、そんなことは今はどうでもいい

    それに加えて週ジャンも買ってるから自分の部屋に置く場所が少ないのよ
    一応机の下に置いてある段ボールにごちゃっと入れてるんだけど、すでに溢れてるし
    で、部屋のクローゼット隣の本棚にもごちゃっとあるんだけどもう入りきらないし
    部屋の前にある本棚の一番上が自分の漫画スペースなんだけど(2段目が姉妹の場所、3、4段目が親の漫画置き場)
    うん、そこもほぼ埋まっちゃってるんだよね
    っていうか、入ってないのを横向きにして上に積み重ねてるからね
    それだからね・・・・
    家の親も漫画好きだから漫画結構あるんだけど
    それだけに場所が無いって言うね
    でもさ、実際コミックスとか週刊誌って1回読むくらいで終わっちゃうじゃん
    たまに思い出したように読むけど、それほど読まないし・・・
    ま、週刊誌は親に捨てろって言われて何カ月かに1回はどばっと大量に20冊くらい捨てるんだけどね
    でもさ、コミックスってなんか捨てられないじゃん
    だから貯まって行くんだけどさ・・・

    さて、俺妹どこに置こうか・・・
    分かりやすいところは絶対いやだね
    っていうか、ラノベ自体隠さないと表紙絵が・・・
    ま、本屋でカバー貰えるので付けてるのあるんだけどさ
    ブックオフでハルヒ買ったやつには付いてこなかったんだよね・・・
    ふぅ、隠すしかないわけですよ
    でも、隠す場所が無い!
    だってさ、本当に今までラノベとか週刊誌とかコミックスとか言ってたけどさ、それ以外の本もあるのよ!
    ハリーポッターやらヴァリアブルブックやらゲームの攻略本やらetc
    後は個人の想像にお任せします
    とにかく、隠さなきゃいけないものもあるんだよ!
    それなのにそれなのに・・・・
    はぁ、部屋の狭さを実感するね・・・
    っていうか、家は物を色んなところに置きすぎるんだよ!
    っと、文句言っても自分もそうだもんなぁ・・・
    あ、ゴミ屋敷みたいってのじゃないよ
    リビングとか台所は結構整頓しています(親が掃除するので)
    でもね、ちゃんと片付けているからこそ余計なスペースが無いのよ!

    ふぅ、愚痴ってきましたが、そろそろやめたいと思います
    諦めて机の下の溢れている段ボールに突っ込むとしますか・・・
    もうすぐ机の天上(机のだからねっ、部屋のじゃないよっ!)に付きそうだけどね・・・
    ってなわけで記事終わり~

    俺妹5,6,7巻一気読み!

    いや~、昨日は5巻、今日は6,7巻一気に読んじゃいましたよ
    う~ん、やっぱりフィクションだから面白いね
    いやさ、自分にも妹いるけどさ、京介みたいな態度取れないもん
    うん、自分は妹嫌いですよ
    人を怒らせる天才じゃないか?ってくらいムカつくことばっかり言いますからね
    うん、そういうところって多いんじゃないかな?
    ちなみに妹は2つ下ですね
    で、俺妹読んでると、京介が重度のシスコンってことが分かるしさ
    あ、やっぱり自分ってシスコンじゃないね☆っとか分かるよ
    うん、自分だったら怒って無視してます
    っていうか、最近妹と口きいてないからなぁ
    口開けば嫌味ばっかりいうからさ
    言っとくけど、桐乃は重度のツンデレだけど、家の妹はツン通り越して悪魔だからね
    デレは100%ないですし、妹がどうなったって構わないって感じですね
    いっそいなくなっちゃえばいいのにくらい( 一一)
    っと、ちょっと妹の悪口はこれくらいにしときますよ
    ま、家で一番かわいいのは弟ですよ!
    いや、自分言っとくけどホモじゃないからね
    ガチホモでもないよ
    弟は結構年離れてるから可愛いんだよ
    今はもう小学校5年生だけどさ、本当に今でも赤ちゃん見たいに可愛がってますよ
    だからね、弟のこととなったら京介の可愛いって思う気持ちはわかるんだよね
    何だろう、弟は自分に対しては嫌いってばっかいってるんだけど、妙にやさしくしてくれるとこが可愛くて
    うん、嫌いって言われても別にムカつかないし
    本当可愛いんだよなぁ
    あ、言っとくけど本当にホモじゃないからね

    さてと、8巻からはラブコメ要素がいっぱい加わってくるそうですね
    いや、7巻で十分堪能させてもらったよってなかんじですが気になりますね
    アニメもどこまでやるのかな?ってかんじで
    あ、そういや俺妹ゲーム出てたよね
    自分は買う勇気無いから買わんけど( 一一)
    いやさ、ここで京介の思いがわかるよ
    妹いるのに妹ゲーなんて普通買えないって
    それ以上に深夜アニメのゲーム買えないって
    ま、自分はカード自体のオタクは家でもさらけ出してるけどさ
    それ以外のアニメの部分はひた隠してますよ
    えぇ、そりゃもう、ドン引きされるの嫌ですからね
    だからアニメグッズとかは一切買ってませんよ
    ラノベが限界ですorz
    いや、グッズとかは別に欲しいとは思わないんだけどさ、ゲームとかはちょっと気になるかなぁって
    でも、さすがにゲームはやってるとこ見つかりやすいからさ、そこらへんは考慮してるんですよ
    そういや深夜アニメの部分はこのブログでも全然晒してないな・・・
    いつも通りそこらへんは隠してますよっと

    さてと、ここからはコメ返し!

    ゆうっくさん
    > 今回のブルーノすごかったですね~
    > デルタアクセルシンクロで出るのはやっぱゴットネオスみたいになんかのガイドでしょうかね

    ですね~
    自分はなぜかブルーノが遊星のDホイールを押しているところで笑っちゃったんですが、その時はどうしてたんだろうなぁ自分
    ま、いなくなったらなったで結構さみしいですよね

    テオさん
    > 別に呼ばれてないけどじゃじゃジャーン!
    > アンチノミーいやブルーノはアポリアみたいに満足げに沈んでいきました
    > えっと確かゴッドネオスは~パーフェクトガイド2でしたか(私もど忘れです)
    > という事は遊星のデルタアクセルシンクロモンスターはガイド3かもしれませんね
    > 次回予告のゾーンは瓦礫の上に
    > 第1期のオープニングだ!
    > 時械神…炎属性か
    > 効果モンスターか…
    > シンクロだったらもっと白熱するのに~
    > ――そして、アイツが希望野郎になって帰ってくる。

    時械神炎属性ですか~
    自分最後のアイキャッチ見逃してましたorz
    うーん、効果モンスターだとすると上級モンスターで
    シンクロよりかは出しやすいのかなぁ
    一応来週は要チェックですね

    ってなわけで記事終わり~

    ヴァンガードファイト早速やったよ!

    いや~、やってみたよ
    やってみた結果、結構駆け引きが難しい!
    っていうか、4点ダメージだとすぐ終わっちゃうね
    だから一応6点ダメージでやってみたんだけど、これはこれで結構つらいところもあるね
    デッキアウトで1回終わっちゃったもん
    まぁ、2回目は普通にダメージ与えて終わったんだけど

    んで、自分が思うことはトリガーユニットはドライブチェック以外の時は出てもあんま嬉しくない!
    いや、後半はむしろグレード2のユニットが欲しいんだよね
    グレード3は1枚で十分だし
    うー、グレード1はなんだかんだで後々重要になってくるし・・・・
    うん、なんか色んなこと考えなくちゃいけないよね
    相手にパワー確実に負ける時はわざわざブロックする必要がないからスルーしたり
    相手のダメージチェック時に不意に出たトリガーでこっちが追加攻撃できなくなったり
    本当に攻撃するのにも気を使うというかなんというか・・・
    やっぱり最初は攻撃力が最低限通るのを攻撃優先した方が良いね
    でもなぁ、ツインドライブのヴァンガードで最初に攻撃したくなっちゃうんだよね
    だって、なんか可能性を感じるじゃん
    後はブーストするユニットをコールするのも色々考えさせられるよね
    ガードに使うか・・・それともブーストに使うかって

    ふぅ、とにかく頭は結構使います
    最初のカードファイトなんてドライブチェック忘れたりしたからね( 一一)
    実際知識とやってみるのとでは全然違うね
    なんかテンパっちゃうって言うか

    今のところ心残りなのはグレード2のユニットでインターセプトしてないことなんだよね・・・
    だって、全然グレード2のユニットが終盤で来ないんだもん!
    グレード1のマロンもなかなか来ないからブーストあんま出来なかったし・・・
    明日はもうちょっと戦略考えてやってみたいと思いますよ
    ってなわけで記事終わり~

    ケロケロAゲットだよ!



    はい、ゲット出来ましたよ!
    んで、実際開封してどんなくらいの大きさかなぁっと思って
    貯めに貯めといたスリーブを装着!
    これがぴったりだよ!
    ってことはヴァンガードは遊戯王サイズってとこだね
    で、実際のカードファイトはまだです
    弟が塾から帰ってきたらやりたいと思います

    で、実際ケロケロAの漫画も見てみたんだけど、カムイはなぜかアイチと仲良しに
    あれ?アニメと違ってミサキさんとファイトする前にカムイと知り合ってるんだねって思いました
    あ、その後の内容は実際買って読んでね☆
    ヴァンガードの情報も色々載ってるから
    自分的にはあれがよかったね
    ソウルにブラスターブレードがいたら攻撃力アップしてクリティカル+1になるやつ
    ソウルは良くわかんないけど、多分ヴァンガードの下に重ねられてたらだと思うけど今のとこ不明
    次のデッキに出てくる奴だぁね
    あれはいいね
    ブラスターブレードサーチも出来るしなんか良いカード
    んで、ヒールトリガーはデッキに4枚しか入れられないらしいから16枚ヒールトリガーとはいかないみたいね
    後はふろうがるの醒のマークも気になるね
    うーむ、まだ色んなギミックが詰まってそうだからワクワクするね

    さてと、ちょっとケロケロAを隅々まで読んでみますかっと

    遊戯王5D's第145話「光よりも速く!!」

    さてと、感想始めましょうかね
    ふぅ、ブルーノ・・・
    まぁね、しょうがないよねこの展開は・・・

    さて、デュエルの内容はまたチートドロー頼りだったというわけで
    そろそろチートドローに頼ったデュエルはやめてほしいと思う今日この頃
    でもさぁ、シューティングスターの効果考えたら無理だよなぁ

    で、アンチノミーの言葉で引っかかることが
    遊星のデルタアクセルシンクロを見つけて欲しい(こんな風な感じ)
    あれ?遊星もデルタアクセルシンクロ?
    結局アンチノミーがデュエルの中で見つけて欲しいと思うもののデルタアクセルシンクロが出来なかった遊星
    あれ?最終回ではデルタアクセルシンクロ出すの?
    それとも出さないの?どっちがどうか良く分からん・・・
    ま、この言葉から多分出すんだろうけどね
    で、ここからパックの話になるわけだけど
    次のパックのメインモンスターにそのデルタアクセルシンクロは100%入ってないね
    ゴッドネオスを思い出してごらん!
    あれは最後の最後で出たのにパックに収録されなくてさ
    えーっと、何とかガイドに付いてたでしょ(ど忘れだよっ)
    だからさ、多分そのデルタアクセルシンクロは何かの付録カードっぽいよね
    Vジャンの付録かはたまたヴァリアブルブックかはたまたなんとかガイドか
    ま、何にせよ使いにくそうだけどね
    多分レベルは12
    だってそうじゃないと無理だからね
    スターダストが8、フォーミュラシンクロンが2、後残りは最低でも2のシンクロだからね
    それにさ、今まで最高がレベル12だから結果的に12なんだよ

    さてと、来週はいよいよZONEとアポリアのデュエル
    時械神が出るのかな?
    まぁ、何にせよデュエルだから気になるね

    さてと、アニメ記事はこれで終わりだよっ!

    遊戯王小説更新っと

    はい、更新しましたよ!
    今回はちょっと長めで3700文字程度
    なんか書き終わったらどっと疲れたよ・・・
    なんかもう眠いよ・・・

    さてと、明日はケロケロエースの発売日
    コンビニとかに売ってるかなぁ
    売ってたら買いやすいんだけどね( 一一)
    売ってなかった時の為にちょっと保険かけとこうかしら
    うむぅ、よし、ちょっとした保険かけとこう

    ふぅ、さてと近況でも書くかなぁ
    最近遊戯王小説書いてるときに聴く音楽でも
    書いてる時に明るい状態を保つために新アニメのOP聞いてますね
    Rioとかお兄ちゃんのことなんか(略)とかね
    んで、時々まどか☆マギカを聞いてる
    明るい!って感じではないけどなんとなーく好きだからかな
    ニコニコとかでFulIがアップされてるからそれを何回も聴いてますね
    基本そんな環境で書いてますよ

    さてと、昨日夜中まで書いてたのと帰ってきて書いたのとでかなり疲れたからそろそろ歯磨いて寝ようと思いマウス
    ではでは記事終わり~
    今日の一言
    総閲覧者数
    オンラインカウンター
    現在の閲覧者数:
    Lc.ツリーカテゴリー
    プロフィール
    最近の記事+コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カレンダー
    12 | 2011/01 | 02
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ブログ
    10517位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    2872位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    スポンサードリンク
    ブログトップバナー
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。